億単位の資産ズラリ 鳩山邦夫さん「遺産250億円」の行方

公開日:  更新日:

 やはり“激ヤセ”は病魔の仕業だったのか。鳩山邦夫元総務相が死去した。享年67。その若さもさることながら、「十二指腸潰瘍」が死因というのも珍しい。兄・由紀夫氏の首相時代には「月額1500万円の子ども手当」と揶揄された母親からの生前贈与が発覚。兄弟そろってミソをつけたが、邦夫氏自身は「死後の遺産相続」を意識する時間は少なかっただろう。

 兄の引退後は「政界一の大富豪」の座を誇ってきたが、確かに資産の額はケタ違いだ。

 昨年5月に公開された衆院議員の資産目録によると、東京・本駒込に計1814.87平方メートルもの広大な土地を所有。もともと自分の邸宅のあった土地に、13年2月に亡くなった母・安子さんから相続した土地などを加え、宅地を広げた上で邸宅を建て直し。地下1階、地上2階建て延べ床面積262.52平方メートルの贅を尽くした立派な“お屋敷”を、14年9月に完成させたばかりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る