夏枯れ相場で注目 GPIFが保有する「意外な21銘柄」で勝つ

公開日: 更新日:

 株式市場はどんよりとしている。日銀の追加緩和策や、政府の経済対策(事業規模28兆円)、麻生財務相と日銀の黒田総裁の会談(2日)など、相場には追い風となるはずの材料がテンコ盛りなのに、株価は無反応だ。3日の日経平均も300円を超す下落で、終値は1万6083円だった。

「追加緩和や経済対策は、市場の期待を上回るものではありませんでした。さらに今週末にはリオ五輪が開幕します。オリンピック期間中は株式の取引量が減り、市場は閑散とします。株価下落に注意が必要です」(市場関係者)

 そんな夏枯れ相場で注目を集めているのが、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の保有銘柄だ。先月29日に2015年3月末時点の保有全銘柄(2037銘柄)を公表。時価総額ベースの最大保有はトヨタ自動車(1兆5499億円)で、以下、三菱UFJFG(8229億円)、三井住友FG(5173億円)と続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  8. 8

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る