夏枯れ相場で注目 GPIFが保有する「意外な21銘柄」で勝つ

公開日:  更新日:

 株式市場はどんよりとしている。日銀の追加緩和策や、政府の経済対策(事業規模28兆円)、麻生財務相と日銀の黒田総裁の会談(2日)など、相場には追い風となるはずの材料がテンコ盛りなのに、株価は無反応だ。3日の日経平均も300円を超す下落で、終値は1万6083円だった。

「追加緩和や経済対策は、市場の期待を上回るものではありませんでした。さらに今週末にはリオ五輪が開幕します。オリンピック期間中は株式の取引量が減り、市場は閑散とします。株価下落に注意が必要です」(市場関係者)

 そんな夏枯れ相場で注目を集めているのが、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の保有銘柄だ。先月29日に2015年3月末時点の保有全銘柄(2037銘柄)を公表。時価総額ベースの最大保有はトヨタ自動車(1兆5499億円)で、以下、三菱UFJFG(8229億円)、三井住友FG(5173億円)と続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る