仮設施設費1500億円を都負担? 小池知事が勇み足で赤っ恥

公開日: 更新日:

 飛ぶ鳥を落とす勢いの小池百合子東京都知事と五輪調査チームがとんだ勇み足をやらかし、五輪施設をめぐる混乱に拍車をかけている。

 問題とされているのは18日に小池知事が国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と会談した際に手渡した文書。表紙には英文で「組織委員会の予算不足への取り組みについて 東京都知事室」とある。

 文書には、五輪組織委員会が負担する約2800億円の仮設施設整備費のうち「1000億円から1500億円を東京都が負担する」と明記されているという。調査チームを統括する上山信一慶大教授は「小池知事と2人で作った文書で、知事の考えを示したもの」と説明している。

 これに対して、都の予算議決権を持つ議会は猛反発。最大会派の自民党が「議会で議論もしていないのに、IOCに都の正式決定だと誤解されかねず問題だ」と息巻けば、共産党も「全体像も不明なのに、都が一方的に負担を押し付けられるのは許しがたい」とカンカンだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る