仮設施設費1500億円を都負担? 小池知事が勇み足で赤っ恥

公開日:

 飛ぶ鳥を落とす勢いの小池百合子東京都知事と五輪調査チームがとんだ勇み足をやらかし、五輪施設をめぐる混乱に拍車をかけている。

 問題とされているのは18日に小池知事が国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と会談した際に手渡した文書。表紙には英文で「組織委員会の予算不足への取り組みについて 東京都知事室」とある。

 文書には、五輪組織委員会が負担する約2800億円の仮設施設整備費のうち「1000億円から1500億円を東京都が負担する」と明記されているという。調査チームを統括する上山信一慶大教授は「小池知事と2人で作った文書で、知事の考えを示したもの」と説明している。

 これに対して、都の予算議決権を持つ議会は猛反発。最大会派の自民党が「議会で議論もしていないのに、IOCに都の正式決定だと誤解されかねず問題だ」と息巻けば、共産党も「全体像も不明なのに、都が一方的に負担を押し付けられるのは許しがたい」とカンカンだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る