• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

都議会「百条委」設置へ 石原&浜渦コンビに“因縁”再び

 東京都の豊洲新市場の土地購入をめぐる疑惑を解明するため、地方自治法に基づく調査特別委員会(百条委員会)が設置されることになった。最大会派の自民党、第2会派の公明党が相次いで百条委の設置を求める方針に転換したため、20日の議会運営委員会理事会で設置することが決まった。22日開会の定例会で設置される予定だ。

 石原慎太郎元都知事や浜渦武生元副知事らを呼んで、豊洲の土地購入の経緯などについて追及する。

 百条委は強い調査権限を持ち、虚偽の証言に罰則規定もある。

 都議会で百条委が設置されるのは、石原知事時代の2005年以来12年ぶり。前回も証人として呼ばれたのが浜渦元副知事。テーマも同じ豊洲の土地問題で、この時の証言が「偽証」と認定され、副知事辞職に追い込まれた因縁がある。

 渦中の石原氏は20日あさ、自宅前で報道陣から百条委設置について聞かれると「結構です。記者会見も来週末にやります」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る