• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

石原氏の最側近が独占告白 豊洲移転“水面下”交渉の全貌

 石原慎太郎元東京都知事(84)の「懐刀」と呼ばれる濵渦武生元副知事(69)は、築地市場の豊洲移転問題で、東京ガスとの土地売買交渉にあたったキーパーソンのひとりだ。これまでメディアの取材を避けてきたが、2日、TBS系(CBC制作)の情報番組「ゴゴスマ」に生出演し、その直後に日刊ゲンダイの単独インタビューに応じた。「水面下」の交渉経緯や石原都知事の説明責任などについてズバリ聞いた。

■土壌汚染は処理できるという認識だった

――なぜこのタイミングで表に出て話そうと思ったのか?

 東京都のヒアリングを待っていたが一向にない。情報が歪んだままになってしまうことを危惧した。

――土壌汚染が分かっていたのに豊洲に決めたのは?

 1999年4月に石原さんが都知事に就任した時には既に、築地の移転先が豊洲に決まっていた。広い土地が他にないというので、高速道路に近い多摩地域でもいいんじゃないかと提案したこともあったが、都の職員は「業界団体が消費者に近い場所を希望している」と譲らなかった。土壌汚染は処理できるという認識でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る