疑惑の森友学園 雇用予定名簿に公立小教員の名を無断記載

公開日: 更新日:

 疑惑続出だ。森友学園問題で、学園が大阪府私立学校審議会(私学審)に提出した雇用予定の教員名簿に、公立小の男性教員の名前が無断で載せられていたことが7日、分かった。男性は「先生を引き受けると言った覚えはない」と話しているという。

 問題の名簿は、学園が2月22日の私学審用に提出した「教員等雇用予定者リスト」。全18人の名簿の中で、男性は校長、教頭に次ぐ「総括教員」と位置づけられ、経験年数を「37年(非常勤)」と紹介された。男性教員は1月下旬、知人から「(学園が)先生を探している。会ってもらえないか」と依頼され、籠池泰典理事長を含む3人で面談。学園の教育理念を紹介され「情熱があっていい」と話したが、引き受けるかどうかは、態度を保留。その後、断りを入れ、了承されたという。

 デタラメはそれだけじゃない。籠池氏の経歴詐称疑惑まで浮上した。学園が建設中の小学校の設置認可を巡り、大阪府は学園側から提出された資料を基に、籠池氏の経歴を作成。経歴は、1976年3月に「関西大学法学部卒業」、同年4月に「自治省入省 奈良県へ出向」とある。しかし、関西大の卒業生名簿などによると、籠池氏は77年3月商学部卒で、同年4月に奈良県庁に新卒採用されたという。

 ゴマカシだらけでは小学校の認可はとても無理だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    専門家が分析 米中貿易戦争に負けない力強い日本企業59社

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る