• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“後援会長”務める社福と“会長”務める財団に何があった?

「ご厚意に感謝」の一番に名前

 森友学園問題で集中砲火を浴びてからも、アッキーは、連日の講演三昧だった。

 3月16日は東京・有楽町の東京国際フォーラムで「アートフェア東京2017」オープニングセレモニー&レセプションに参加して講演。17日はバングラデシュの「アジア女子大第8回年次支援イベント」に繰り出し、翌18日は北海道へ。目的は、「G1 SUMMIT」の分科会でのトークだ。

 19日は夫の地元の山口・下関で結婚披露宴に出席。翌20日は東京に戻って慶応大の三田キャンパスで「shiawase2・0」のシンポジウムでハッピー対話マラソンに“出走”。その第1走者として「日本のこれから」について熱弁をふるった。同じ日には、渋谷区広尾で児童養護施設「広尾フレンズ」の卒園式の講演もこなしている。

 こんな具合で、北から南へよく動くのは、それだけ仕事が多いから。「名誉校長」は返上しても、少なくとも20は肩書があるというが、気になるのは、この広尾フレンズでの役割だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る