• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“後援会長”務める社福と“会長”務める財団に何があった?

「ご厚意に感謝」の一番に名前

 森友学園問題で集中砲火を浴びてからも、アッキーは、連日の講演三昧だった。

 3月16日は東京・有楽町の東京国際フォーラムで「アートフェア東京2017」オープニングセレモニー&レセプションに参加して講演。17日はバングラデシュの「アジア女子大第8回年次支援イベント」に繰り出し、翌18日は北海道へ。目的は、「G1 SUMMIT」の分科会でのトークだ。

 19日は夫の地元の山口・下関で結婚披露宴に出席。翌20日は東京に戻って慶応大の三田キャンパスで「shiawase2・0」のシンポジウムでハッピー対話マラソンに“出走”。その第1走者として「日本のこれから」について熱弁をふるった。同じ日には、渋谷区広尾で児童養護施設「広尾フレンズ」の卒園式の講演もこなしている。

 こんな具合で、北から南へよく動くのは、それだけ仕事が多いから。「名誉校長」は返上しても、少なくとも20は肩書があるというが、気になるのは、この広尾フレンズでの役割だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る