• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

都議会百条委 「政治的圧力」への追及どこへ吹き飛んだ?

 仰々しい「土壌Xデー」なる表現はどこかに消えてしまった。豊洲市場移転問題を調べる都議会百条委員会は、予定された5日間の証人喚問を終了。気になるのは、先月11日の喚問初日に飛び出した“衝撃の新事実”に関する論議が沙汰やみになっていることだ。

「驚くべき新たな事実を発見しました。(豊洲用地の売り主)東京ガスに圧迫、あるいは脅迫とも取れる交渉を行って、強引に土地売却を承諾させた可能性を示唆するものです」

 初日に都民ファーストの会の音喜多駿幹事長はこう切り出すと、大きなパネルを掲げた。そこには東ガス側から提出された2000年12月14日と22日付の交渉メモの内容がこう書かれていた。
〈土壌Xdayを迎えれば土壌問題が噴出し、東京ガスが所有する土地の価格が下落する 「結論」さえ出せば石原知事が安全宣言で救済するから、早急に結論を出すように〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事