• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

都議会百条委 「政治的圧力」への追及どこへ吹き飛んだ?

 仰々しい「土壌Xデー」なる表現はどこかに消えてしまった。豊洲市場移転問題を調べる都議会百条委員会は、予定された5日間の証人喚問を終了。気になるのは、先月11日の喚問初日に飛び出した“衝撃の新事実”に関する論議が沙汰やみになっていることだ。

「驚くべき新たな事実を発見しました。(豊洲用地の売り主)東京ガスに圧迫、あるいは脅迫とも取れる交渉を行って、強引に土地売却を承諾させた可能性を示唆するものです」

 初日に都民ファーストの会の音喜多駿幹事長はこう切り出すと、大きなパネルを掲げた。そこには東ガス側から提出された2000年12月14日と22日付の交渉メモの内容がこう書かれていた。
〈土壌Xdayを迎えれば土壌問題が噴出し、東京ガスが所有する土地の価格が下落する 「結論」さえ出せば石原知事が安全宣言で救済するから、早急に結論を出すように〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る