ずれる論点 豊洲百条委は“吊るし上げ”が成果のドッチラケ

公開日: 更新日:

 築地市場の移転問題を調べる東京都議会の百条委員会は4日、元都幹部3人が証人喚問された。

 前回までの喚問で、東京ガスの瑕疵担保条項を認める伏線になったとされる「確認書」に浜渦武生元副知事の関与があったのかどうかが焦点になっていたが、都側が新たな資料を開示。平成15(2003)年5月に豊洲の土壌汚染対策について関係部局の部長クラスが浜渦氏に報告したとするメールだ。

 浜渦氏は喚問で、「私が豊洲移転に関わったのは平成13年7月の基本合意まで」と証言。それと食い違うため、小池知事与党の公明や都民ファースト、東京改革(民進党)に、そして共産も「浜渦氏は偽証の疑いが極めて濃厚だ」と息巻いている。

■巨額の汚染対策費の原因は調査せず

 だが、ちょっと待って欲しい。そもそも百条委が設置されたのは、「なぜ土壌汚染の土地を購入したのか」「なぜ当初586億円だった汚染対策費が860億円に膨らんだのか」だったが、ここまでの百条委を見る限り、土地購入の経緯こそ検証されたものの、巨額の汚染対策費については手つかずのまま。偽証とする浜渦証言も核心に触れるウソではなく、真相究明にはほど遠い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

  2. 2
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 3
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  4. 4
    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

  5. 5
    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

もっと見る

  1. 6
    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

  4. 9
    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 10
    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天

    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天