同じ東ガス工場跡地なのに…小学校NOで市場OKの奇っ怪

公開日:

 汚染された土地を“定価”で買ったのはなぜか――豊洲市場の用地購入の闇は晴れない。新たな汚染が発覚していく過程で、立ち止まる機会はなかったのか。実は、豊洲市場とは対照的な事例がある。東京・港区もかつて、小学校用地として、豊洲市場と同様に東京ガスの工場跡地の取得を検討したが、有害物質が検出されたため、取得を諦めていたのだ。

 港区の田町駅近くの「芝浦・港南」地区では、マンション建設が急ピッチで進み、約10年前から人口が急増。小学校不足が深刻化していた。そのため、区は区立芝浦小学校の建て替え用地として、付近の東京ガス工場跡地に目をつけ、2006年から取得交渉を進めていた。

 ところが、07年1月、当地の土壌から環境基準の1900倍のシアン、同620倍のベンゼンなどが検出された。区は、土壌の安全性を確保するまで時間がかかることを懸念し、同3月、取得を断念したのだ。区の学校整備担当課は「当時、有害物質が検出された場所に小学校を建てるのはいかがなものか、という意見があった」と明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る