次に炸裂するマル秘メモ砲は? 百条委騒然“弾薬庫リスト”

公開日:

 今度はどの“マル秘メモ”砲が炸裂するか。豊洲市場の用地取得の経緯を明らかにするため、東京ガスが都議会・百条委員会に開示した資料は段ボール箱50個分。百条委の初日には都側の“脅迫まがい”交渉を示唆するメモが“爆発”した。

 東ガス提供の資料は大半がメディア非公開で、中身を精査することはできない。そこで日刊ゲンダイは、入手した62項目の「資料リスト」の中から次に炸裂しそうな“爆弾”資料をピックアップした。

 着目したのは、交渉役だった浜渦武生元副知事が東ガス側に「水面下でやりましょう」と提案した2000年10月以降の“水面下交渉”の時期や、石原元都知事が「私が全部しゃべると困る人」と名指しした、交渉時に知事本局長だった前川燿男練馬区長の責任の所在などだ。

 長年、移転問題を追及してきた1級建築士の水谷和子氏は、〈東京ガス豊洲開発㈱における豊洲開発に関する社内打ち合わせ〉との資料に注目する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    キスシーンが不評 “独身貴族”佐々木蔵之介のイタい私生活

もっと見る