日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サイバー攻撃で反撃阻止 米軍“北朝鮮2時間消滅”シナリオ

 世界最大の原子力空母「カール・ビンソン」を朝鮮半島に派遣し、臨戦態勢を敷く米トランプ大統領。早ければ4月26日の“新月の夜”、闇に乗じて、北朝鮮に先制攻撃を仕掛けるともいわれている。なんと、米軍は「2時間」で北朝鮮を消滅させる作戦を練っているという。いったいどんな作戦なのか、本当に成功するのか――。

 米軍が総力を挙げて攻撃すれば、北朝鮮は壊滅的な打撃を受けるだろう。問題は、間違いなく北朝鮮が「在日米軍」と「在韓米軍」をターゲットに反撃してくることだ。そこで米軍は、北朝鮮から反撃する機能を奪う作戦を考えているという。北朝鮮全土を麻酔をかけたように“麻痺”させてしまうという。元韓国国防省分析官で拓殖大学国際開発研究所の高永喆研究員が米軍のシナリオについてこう言う。

「武力攻撃の直前に、まず米軍は有人または無人の“電子撹乱機”を飛ばして、妨害電波を送るはずです。北朝鮮の有線、無線の他、パソコンなど、ほぼすべてのネットワークを麻痺させるのです。1~2時間で終わるでしょう。外科手術の前に麻酔を打つようなものです。指揮命令系統が遮断され、命令が届かなくなるうえ、ミサイルシステムも制御不能になる。北朝鮮が反撃したくてもできない状態にしてから、攻撃を開始するわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事