都議会自民 高木幹事長が進める「古き良き町」破壊計画

公開日:

 都議会自民党の“重鎮”が、「人情味あふれる商店街」をブッ壊そうとしている。

 危機に直面するのは、昭和の雰囲気漂う町並みが度々メディアで紹介される東京・北区の十条駅近くの商店街。当地では、図のように幅20~30メートルで、片側1車線の「補助73号」が整備され、「補助85号」が現状の幅12メートルから20メートルに拡幅される事業が進んでいる。木造住宅密集(木密)地域に道路を通すことで、火災の延焼を防ぎ、緊急車両の動線を確保する目的だ。

 町の代表的な商店街「十条銀座」は73号に一部分断され、85号拡幅で「いちょう通り商店街」の店は立ち退きを迫られる。地元住民からは「町壊しはやめろ」との声が上がっているのだ。

 ある店主は、「73号が通れば、住民約2100人が立ち退かなければいけません。それに、73号の西側(図の上側)に住む人は、遠すぎて商店街に買い物に来なくなってしまう。これでは商店街は衰退してしまいますよ」と肩を落とす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る