• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トランプ弾劾秒読み開始 中間選挙で身内議員造反の予想も

 トランプ大統領の弾劾への秒読みがスタートした。米司法省は17日、ロバート・モラー元FBI長官を、トランプ政権の“ロシア疑惑”を捜査する特別検察官に任命。捜査の対象として任命書には「(大統領選挙中の)ロシア政府とトランプ陣営の個人の連携や協力」とある。これだけなら辞任したフリン前大統領補佐官らトランプ側近が捜査の対象だが、任命書には「捜査から直接派生した、また派生する可能性のあるあらゆる事柄」と追記されており、捜査対象は事実上、無制限だ。

 そこで注目されているのが、トランプが今年2月にコミーFBI長官(当時)にフリン前補佐官に対する捜査を打ち切るよう要請。これを拒否したコミー長官をトランプが解任したという疑惑だ。モラー特別検察官の捜査で事実だと立証されれば、大統領弾劾の対象となる重罪の司法妨害罪にあたる。

 コミー氏がかつて司法副長官としてブッシュ(子)政権と対立した時、コミー氏を擁護したのがFBI長官だったモラー氏だ。コミー氏はトランプが圧力をかけてきた際のやりとりをメモにしており、モラー特別検察官に全面協力するのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る