• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トランプ弾劾秒読み開始 中間選挙で身内議員造反の予想も

 トランプ大統領の弾劾への秒読みがスタートした。米司法省は17日、ロバート・モラー元FBI長官を、トランプ政権の“ロシア疑惑”を捜査する特別検察官に任命。捜査の対象として任命書には「(大統領選挙中の)ロシア政府とトランプ陣営の個人の連携や協力」とある。これだけなら辞任したフリン前大統領補佐官らトランプ側近が捜査の対象だが、任命書には「捜査から直接派生した、また派生する可能性のあるあらゆる事柄」と追記されており、捜査対象は事実上、無制限だ。

 そこで注目されているのが、トランプが今年2月にコミーFBI長官(当時)にフリン前補佐官に対する捜査を打ち切るよう要請。これを拒否したコミー長官をトランプが解任したという疑惑だ。モラー特別検察官の捜査で事実だと立証されれば、大統領弾劾の対象となる重罪の司法妨害罪にあたる。

 コミー氏がかつて司法副長官としてブッシュ(子)政権と対立した時、コミー氏を擁護したのがFBI長官だったモラー氏だ。コミー氏はトランプが圧力をかけてきた際のやりとりをメモにしており、モラー特別検察官に全面協力するのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る