日経平均2万円は通過点 これから稼げる「日銀銘柄」20社

公開日: 更新日:

 株式市場はイケイケムードだ。先週2日(金)、日経平均は1年9カ月ぶりに2万円の大台に乗せた。

「2日は300円以上の値上がりで、相場に勢いがありました。今週は利益確定売りが発生し、一進一退でしょうが、流れは間違いなく株高です。2015年6月高値の2万868円を目指すとみています」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 大手証券のリポートも強気だ。野村証券は、15年6月高値(2万868円)を奪回したら、「次の上値メドは1996年6月高値(2万2666円)や、89年高値から2009年安値の下落幅に対する50%戻し(2万2984円)が挙げられる」とした。

 ゴールドマン・サックス証券(GS)は「日銀のETF(上場投資信託)買い入れ」に注目している。日銀はETFを5月末時点で、約13兆9600億円保有。日銀が実質的な大株主という企業は増え続けるばかりで、GSの資料によると、保有比率が10%を超える上場企業は半導体検査装置のアドバンテストや、ユニクロのファーストリテイリング、セラミックコンデンサーの太陽誘電など16社に上った(別表参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  3. 3

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  6. 6

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  7. 7

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  8. 8

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  9. 9

    米中貿易戦争の加熱で古紙不足 石油危機パニックの再来か

  10. 10

    “バルサ化”神戸の大低迷 元凶は「やはり三木谷会長」の声

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る