北欧で再び非公式接触 急浮上する「8・2米朝電撃和解」

公開日: 更新日:

 北朝鮮を取り巻く状況が目まぐるしく動いている。米軍は米本土に飛来する大陸間弾道ミサイル(ICBM)を想定した初の迎撃実験を太平洋上で実施し、成功したと発表。原子力空母ロナルド・レーガンを日本海入りさせ、カール・ビンソンと異例の空母2隻態勢で北朝鮮への牽制を強めている。その一方、水面下では米朝対話の本格開始に向けて、北朝鮮サイドと日程を探り合っているという。「8.2米朝電撃和解」の仰天情報も飛び交っている。

「トランプ政権発足後、米朝の初めての非公式接触が5月上旬にノルウェーでありましたが、近々再び北欧で接触すると伝わってきています。ターニングポイントは8月2日からフィリピンで開かれるASEANです。同時開催されるARF(ASEAN地域フォーラム)には6カ国協議の当事国が揃う。例年、北朝鮮の外相も出席します。そこで対話のとっかかりをつけようというのです。米朝とも激しい応酬をしていますが、軍出身者が多いトランプ政権は実は現実路線。金正恩も対話の道筋をつけただけで国内向けに成果を誇れます」(朝鮮半島事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る