音楽教室vsJASRAC 著作権料「仁義なき戦い」は第2幕へ

公開日: 更新日:

 日本音楽著作権協会(JASRAC)に対して「音楽教育を守る会」(代表・ヤマハ音楽振興会)が「著作権料支払い義務は生じない」とする訴訟を東京地裁に起こす方針を示しているが、新たな動きがあった。

 7日、JASRACが文化庁に、音楽教室に課す著作権料規定を届け出たのだ。使用料は年間受講料の2.5%、もしくは、月6万円(最大)などとなっている。来年1月からの徴収を目指すという。

 だが、これはどう見ても見切り発車だ。著作権料について著作物の「利用者代表」から文化庁に「協議」の申し入れがあった際に、文化庁長官が協議開始命令を出すことになっている。JASRACと利用者代表との間で、合意を得られていない今回のようなケースは協議開始が必至なのだが、そのメドが全く立っていない状況なのだ。

「そもそも先方(音楽教育を守る会)は、著作権料徴収の対象にならない、と主張しています。つまり、利用者代表の対象ではないという主張です。協議のテーブルにすらついていただけません。正直言って、先が見えない状況です」(JASRAC広報)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る