音楽教室vsJASRAC 著作権料「仁義なき戦い」は第2幕へ

公開日:  更新日:

 日本音楽著作権協会(JASRAC)に対して「音楽教育を守る会」(代表・ヤマハ音楽振興会)が「著作権料支払い義務は生じない」とする訴訟を東京地裁に起こす方針を示しているが、新たな動きがあった。

 7日、JASRACが文化庁に、音楽教室に課す著作権料規定を届け出たのだ。使用料は年間受講料の2.5%、もしくは、月6万円(最大)などとなっている。来年1月からの徴収を目指すという。

 だが、これはどう見ても見切り発車だ。著作権料について著作物の「利用者代表」から文化庁に「協議」の申し入れがあった際に、文化庁長官が協議開始命令を出すことになっている。JASRACと利用者代表との間で、合意を得られていない今回のようなケースは協議開始が必至なのだが、そのメドが全く立っていない状況なのだ。

「そもそも先方(音楽教育を守る会)は、著作権料徴収の対象にならない、と主張しています。つまり、利用者代表の対象ではないという主張です。協議のテーブルにすらついていただけません。正直言って、先が見えない状況です」(JASRAC広報)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る