• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

音楽教室vsJASRAC 著作権料「仁義なき戦い」は第2幕へ

 日本音楽著作権協会(JASRAC)に対して「音楽教育を守る会」(代表・ヤマハ音楽振興会)が「著作権料支払い義務は生じない」とする訴訟を東京地裁に起こす方針を示しているが、新たな動きがあった。

 7日、JASRACが文化庁に、音楽教室に課す著作権料規定を届け出たのだ。使用料は年間受講料の2.5%、もしくは、月6万円(最大)などとなっている。来年1月からの徴収を目指すという。

 だが、これはどう見ても見切り発車だ。著作権料について著作物の「利用者代表」から文化庁に「協議」の申し入れがあった際に、文化庁長官が協議開始命令を出すことになっている。JASRACと利用者代表との間で、合意を得られていない今回のようなケースは協議開始が必至なのだが、そのメドが全く立っていない状況なのだ。

「そもそも先方(音楽教育を守る会)は、著作権料徴収の対象にならない、と主張しています。つまり、利用者代表の対象ではないという主張です。協議のテーブルにすらついていただけません。正直言って、先が見えない状況です」(JASRAC広報)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  9. 9

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  10. 10

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

もっと見る