借金苦で自己破産急増中 「銀行カードローン」の落とし穴

公開日:

 借金で首が回らない人が増えている。最高裁判所によると、破産せずに借金を減らす「個人版民事再生手続き(個人再生)」の利用者が、2016年は前年比13%増の9602件に上った。2年連続の上昇で、昨年は自己破産件数も13年ぶりに増加に転じた。借金に苦しむ人が急激に増えているのだ。

 背景にあるのは、「銀行カードローン」利用者の急増だ。10年に改正貸金業法が施行され、消費者金融での借入総額が年収の3分の1に制限されたが、銀行のカードローンは利用者が少なかったこともあり、法の規制を免れた。その結果、カードローンの貸付残高は急拡大。法施行後、5年間で1・5倍にまで膨らんでいるのだ。

「不景気で融資先がない銀行は、個人へのカードローン貸し付けに血道を上げています。住宅ローンを組んでいる顧客に対し、カードローンの契約を勧めるのが常套手段です。『使わなくてもいいから契約して』などと営業する銀行マンもいます。借りる側も、取り立てが厳しいイメージのある消費者金融よりも、銀行が相手なので安心して手を出してしまう。でも、借金は借金。いつの間にか多重債務者になってしまうケースが多いようです」(金融業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る