借金苦で自己破産急増中 「銀行カードローン」の落とし穴

公開日:

 借金で首が回らない人が増えている。最高裁判所によると、破産せずに借金を減らす「個人版民事再生手続き(個人再生)」の利用者が、2016年は前年比13%増の9602件に上った。2年連続の上昇で、昨年は自己破産件数も13年ぶりに増加に転じた。借金に苦しむ人が急激に増えているのだ。

 背景にあるのは、「銀行カードローン」利用者の急増だ。10年に改正貸金業法が施行され、消費者金融での借入総額が年収の3分の1に制限されたが、銀行のカードローンは利用者が少なかったこともあり、法の規制を免れた。その結果、カードローンの貸付残高は急拡大。法施行後、5年間で1・5倍にまで膨らんでいるのだ。

「不景気で融資先がない銀行は、個人へのカードローン貸し付けに血道を上げています。住宅ローンを組んでいる顧客に対し、カードローンの契約を勧めるのが常套手段です。『使わなくてもいいから契約して』などと営業する銀行マンもいます。借りる側も、取り立てが厳しいイメージのある消費者金融よりも、銀行が相手なので安心して手を出してしまう。でも、借金は借金。いつの間にか多重債務者になってしまうケースが多いようです」(金融業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る