借金苦で自己破産急増中 「銀行カードローン」の落とし穴

公開日: 更新日:

 借金で首が回らない人が増えている。最高裁判所によると、破産せずに借金を減らす「個人版民事再生手続き(個人再生)」の利用者が、2016年は前年比13%増の9602件に上った。2年連続の上昇で、昨年は自己破産件数も13年ぶりに増加に転じた。借金に苦しむ人が急激に増えているのだ。

 背景にあるのは、「銀行カードローン」利用者の急増だ。10年に改正貸金業法が施行され、消費者金融での借入総額が年収の3分の1に制限されたが、銀行のカードローンは利用者が少なかったこともあり、法の規制を免れた。その結果、カードローンの貸付残高は急拡大。法施行後、5年間で1・5倍にまで膨らんでいるのだ。

「不景気で融資先がない銀行は、個人へのカードローン貸し付けに血道を上げています。住宅ローンを組んでいる顧客に対し、カードローンの契約を勧めるのが常套手段です。『使わなくてもいいから契約して』などと営業する銀行マンもいます。借りる側も、取り立てが厳しいイメージのある消費者金融よりも、銀行が相手なので安心して手を出してしまう。でも、借金は借金。いつの間にか多重債務者になってしまうケースが多いようです」(金融業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る