• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

事業者は困惑…両市場併用で宙に浮いた「千客万来施設」

 やっぱり知事の方針は“生煮え”じゃないか。市場移転問題で、小池百合子都知事が示した築地・豊洲の両市場併用案。都議選で大勝したことで“信を得た”つもりだろうが、盲点がある。豊洲市場に建設予定の温泉・商業施設「千客万来施設」が宙に浮いた状態になっているのだ。

 豊洲市場が立つ江東区はもともと、豊洲地域に「にぎわい」を生み出し、地域を活性化させる千客万来施設を併設させることを条件に市場の建設を受け入れた経緯がある。

 併用案は、築地跡地にレストランやショッピングセンターを併設した「食のテーマパーク」として再開発。豊洲は冷凍・冷蔵設備を整えた「IT物流センター」として活用する。つまり、「にぎわい」が生み出されるのは築地市場で、豊洲市場は“無味乾燥”な物流センターになってしまうわけだ。

 それでも都は千客万来施設を予定通り建設するという。千客万来施設の運営事業者「万葉倶楽部」に問い合わせると、担当者は困惑気味にこう話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る