まるで「森友」…消えた豊洲地下水“汚染隠し”解明データ

公開日:

 まるで、“証拠隠し”の森友学園問題のようだ。豊洲市場問題の「専門家会議」が18日の会合で配布した資料から、重大な事実が発覚した。なぜか、“汚染隠し”の疑惑の残る地下水モニタリングのデータが「不存在」となっており、真相解明を拒んでいるのだ。

 土壌汚染対策工事完了後、2014年11月から敷地内の201カ所の観測井戸から地下水を採水し、汚染度合いを測定してきた。1~7回目調査は一度も環境基準を超えなかったのに、小池都政に代わった途端、昨年11月の8回目調査で基準オーバー。その後、9回目は79倍のベンゼン、その再調査で100倍と急な高濃度汚染の検出で、1~7回目の調査が疑問視されるようになった。

 専門家会議の調査によると、実は4~6回目にも一部の井戸で基準値超えのベンゼンなどが検出。都が採水をやり直した結果、基準値以下のデータになったというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  9. 9

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る