• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米国防長官が北を牽制 「多くの軍事的オプションがある」

 マティス米国防長官は18日、北朝鮮に対する多くの軍事的オプションがあり、その中には「韓国の首都ソウルに危険を及ぼさずに北朝鮮に軍事力を行使する方法もある」と記者団に語った。ただ、詳細については明かさなかった。

 ソウルは北朝鮮との軍事境界線から数十キロしか離れておらず、米軍が北朝鮮を攻撃すれば、報復でソウルが砲撃にさらされ、多数の犠牲者が出るのは必至。そのため、北朝鮮への軍事攻撃は困難とされている。

 今回のマティス氏の発言は、実行可能な軍事オプションがあると強調することで、北朝鮮を牽制したものとみられる。サイバー攻撃など兵器以外による攻撃を想定している可能性もある。

 また、マティス氏は北朝鮮について、米国の軍事行動を引き起こさないように「一線」を守り、その範囲内で可能な限りの挑発を行っていると分析した。日本時間15日に発射した弾道ミサイルも米国や日本の直接の脅威にならなかったため、日米は迎撃する必要がなかったと説明。日本の領土に着弾すると判明した場合、ミサイルを迎撃する可能性も示唆した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る