トランプ国連演説に反発 金正恩「強硬な対抗措置を断行」

公開日:  更新日:

 北の金正恩がついに吠えた! 朝鮮中央通信は22日、金朝鮮労働党委員長が21日、トランプ米大統領の国連演説に強く反発する声明を発表したと伝えた。

 トランプは先日の国連総会で「米国と同盟国を守らざるを得なくなった場合、北朝鮮を完全に破壊する」と演説した。

 これに対して正恩は声明で、トランプを「歴代で最も無知で粗暴」「火遊びが好きなチンピラ」と非難。そのうえで「わが国をなくすという歴代で最悪の宣戦布告をした以上、われわれも史上最高の超強硬な対抗措置を断行することを検討する」「トランプが考えている以上の結果を見ることになる」と警告した。

 北の外相はニューヨークで「太平洋で水爆実験を行うことになるのではないか」と言い出した。売り言葉に買い言葉がエスカレート。誰かコイツらに水でもぶっかけてくれ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る