• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トランプ国連演説に反発 金正恩「強硬な対抗措置を断行」

 北の金正恩がついに吠えた! 朝鮮中央通信は22日、金朝鮮労働党委員長が21日、トランプ米大統領の国連演説に強く反発する声明を発表したと伝えた。

 トランプは先日の国連総会で「米国と同盟国を守らざるを得なくなった場合、北朝鮮を完全に破壊する」と演説した。

 これに対して正恩は声明で、トランプを「歴代で最も無知で粗暴」「火遊びが好きなチンピラ」と非難。そのうえで「わが国をなくすという歴代で最悪の宣戦布告をした以上、われわれも史上最高の超強硬な対抗措置を断行することを検討する」「トランプが考えている以上の結果を見ることになる」と警告した。

 北の外相はニューヨークで「太平洋で水爆実験を行うことになるのではないか」と言い出した。売り言葉に買い言葉がエスカレート。誰かコイツらに水でもぶっかけてくれ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る