高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

株価の連騰も自民党の大勝も実感の伴わない「バブル」だ

公開日: 更新日:

 株価上昇が続いている。あれよあれよという間に続伸記録は56年ぶりに歴代最長を更新。選挙中に安倍首相は「アベノミクスの成果」と胸を張ったが、全く異なる。株高は世界的な傾向で、アベノミクスがどうこうというローカルレベルの話ではない。

 現在の世界株高は各国の金融緩和策によって、有り余る資金が株式市場に流入している構図だ。今年のノーベル経済学賞を受賞したシカゴ大のリチャード・セイラー教授をはじめ、専門家の多くは足元の株価上昇を「謎」と考えている。まさにグローバル・バブルの様相なのだ。

 株価が永久に上昇を続けることはない。何かの拍子でバブルがはじければ、一気にグローバル・デフレが到来する。平成バブル崩壊後の日本経済の大苦境は、まだ記憶に新しい。悪影響が経済だけで済めばいいが、国によっては政治の混乱や武力闘争にまで発展するのが、歴史の教訓でもある。株価連騰に喜んでばかりもいられないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  6. 6

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  7. 7

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  8. 8

    東証株価590円急騰でまだ間に合うか 年末の狙い目23銘柄

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    巨人の“難アリ”新外国人<上>手術の後遺症不安のサンチェス

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る