開幕式リハでわかった 平昌は“あれもダメこれもダメ”五輪

公開日: 更新日:

 3日に行われた開会式のリハーサルも、当日と同じ午後8時に開始。体感温度はマイナス22度という厳寒だったため、観覧客からはものすごいブーイングが湧き上がった。まず、保安検査のための列は100メートルにも及び、会場入りまで1時間以上待たされたからだ。携帯品として温かいコーヒーを入れたタンブラーやガラス容器は持ち込み不可。大会期間中にスタジアムなどの売店で使えるカードは五輪パートナー社のVISAカードだけだ。

 観客は写真撮影は許されているが、三脚や300ミリ以上の長めのレンズは持ち込めない。しかも、禁止条項については会場に案内板がなく、入場券の裏に「禁止ならびに制限品目に関してはホームページを参照のこと」とある。不親切極まりない。

 一般観覧客の多くは駐車場不足のため、ソウル駅からKTX(韓国新幹線)に乗って平昌や江陵に向かうことになる。料金は片道2万6000ウオン(約2600円)、往復で5万2000ウオン(約5200円)を払わされるばかりか、会場に近い駅に着いても、駅構内にあるコンビニは1軒だけというお粗末ぶり。「外国人客が来ても戸惑うばかりだ」と地元新聞が噛みついていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る