開幕式リハでわかった 平昌は“あれもダメこれもダメ”五輪

公開日:

 3日に行われた開会式のリハーサルも、当日と同じ午後8時に開始。体感温度はマイナス22度という厳寒だったため、観覧客からはものすごいブーイングが湧き上がった。まず、保安検査のための列は100メートルにも及び、会場入りまで1時間以上待たされたからだ。携帯品として温かいコーヒーを入れたタンブラーやガラス容器は持ち込み不可。大会期間中にスタジアムなどの売店で使えるカードは五輪パートナー社のVISAカードだけだ。

 観客は写真撮影は許されているが、三脚や300ミリ以上の長めのレンズは持ち込めない。しかも、禁止条項については会場に案内板がなく、入場券の裏に「禁止ならびに制限品目に関してはホームページを参照のこと」とある。不親切極まりない。

 一般観覧客の多くは駐車場不足のため、ソウル駅からKTX(韓国新幹線)に乗って平昌や江陵に向かうことになる。料金は片道2万6000ウオン(約2600円)、往復で5万2000ウオン(約5200円)を払わされるばかりか、会場に近い駅に着いても、駅構内にあるコンビニは1軒だけというお粗末ぶり。「外国人客が来ても戸惑うばかりだ」と地元新聞が噛みついていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る