• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一式8万円超 アルマーニ標準服を決めた校長の経歴と評判

 最初はバーバリー、さらにシャネルやエルメスにも頼んだが、断られたという。

 東京・銀座の中央区立泰明小学校が今春から導入する「アルマーニ」標準服騒動で、同小の和田利次校長(62)が9日、中央区役所内で会見。「各家庭に相談して進めればよかった」と反省の弁を述べたものの、「ご理解いただければと思っている」と、あくまで一式8万円超のアルマーニは撤回しない意向を示した。

 なぜアルマーニだったのかについては、「バーバリー、シャネル、エルメスには断られた。私自身はアルマーニと関係はない。知り合いを通じて頼んだ」などと釈明。ちなみに、和田校長自身は「アルマーニの服は持っていない。持っているとしてもハンカチぐらい」らしい。

 独断でアルマーニに決定し、交渉もひとりでやったという。要するに、アルマーニしか相手にしてくれなかったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事