• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

34%が「離婚すべき」 メラニア夫人がトランプを見限る日

 トランプ大統領(71)が離婚のピンチ――。こんな意識が米国民に広がっているようだ。

 今月14日に発表された世論調査では、メラニア夫人(47)がトランプと離婚すべきと答えた人は34%。婚姻関係を続けるべきと答えた人は43%で、意見が分かれた。

 トランプは今年に入って、ポルノ女優ステファニー・クリフォード(38)との不倫が暴かれ、口止め料として13万ドル(約1400万円)を支払ったと報じられた。さらに元プレイメイトのカレン・マクドゥーガル(46)との関係も浮上。2人ともトランプとメラニアの結婚後に深い関係になったという。こうしたことから「離婚すべきではないか」との質問が国民に投げかけられたわけだ。

「ビックリな結果です」とは米国事情に詳しい経済評論家の斎藤満氏。

「米国人はファーストレディーに敬意を払う気質が強く、この種の調査はあまりしません。あえてアンケートしたということは国民の間に、ダメな夫を持ったメラニア夫人への同情があり、あちこちで2人の離婚が話題になっているからでしょう。実は34%は冗談かと思えるほど高い数字。2人が仮面夫婦で、メラニアさんの気持ちが離婚に傾いていることを裏付ける数字ではないでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る