• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
高野孟
著者のコラム一覧
高野孟ジャーナリスト

1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

北朝鮮と米韓 “複雑系ゲーム”から取り残された日本の首相

 安倍晋三首相の「平昌外交」は空振り三振に終わり、米日韓が結束して経済制裁と軍事圧力で北朝鮮を追い詰めていくという彼の3国“反共”同盟路線はすでに半ば破綻に陥っている。外交政策通の中堅与党議員が言う。

「慰安婦問題で怒り心頭の自民党の保守派、嫌韓派からは、首相の訪韓そのものに強い反対があったが、それを押し切って出かけて行った。文在寅大統領を叱りつけて、北の微笑外交に乗らないようクギを刺し、あわよくば北の代表に直接会って『核を手放せ、拉致被害者を返せ』と怒鳴りつけてやろうというくらいの意気込みだったのだろうが、不発。それで焦ったのか、文に『米韓軍事演習を再延期せずに実施しろ』と要求し、『我が国の主権の問題だ』と突き放されるという不始末まで演じてしまった」

 軍事演習をやるかやらないか、やるにしてもいつやるか、規模を縮小するかどうかは、文にとっては、米朝が軍事衝突に転がり込んで韓国が戦争に巻き込まれないようにするための命懸けの勝負であって、そこに演習に参加する資格があるわけでもない日本の首相が軽々しく口を挟むなど、非常識もはなはだしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る