リコーも…なぜ日本企業は海外M&Aで巨額損失を繰り返す?

公開日: 更新日:

 海外企業をM&Aし、事業を拡大している日本の大手企業が、またも海外事業の失敗で巨大損失を出した。複写機大手のリコーだ。2008年に約1600億円で買収した米国の事務用品販売大手「アイコンオフィスソリューションズ」の収益が想定を下回り、最大1000億円の損失を出す恐れがあるという。

「米国会計基準に基づき“のれん代”の減損処理実施を検討中です。キャッシュアウトするということはありません」(リコー広報室)

 リコーに限らず日本の大手企業が、海外のM&Aで巨額の“のれん代減損”を計上するケースは後を絶たない。海外のM&Aに詳しい百年コンサルティングの鈴木貴博社長が、のれん代の減損についてこう説明する。

「大手企業が海外企業のM&Aで巨額赤字を出す原因は、米国(国際)会計基準の導入です。M&Aした海外企業の収益が予想外に伸びず、その会社の資産価値が大きく減少すると問題が大きくなるんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る