北が株式市場を翻弄 アベノミクス揺さぶる“金正恩関連株”

公開日:

 兜町が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に翻弄されている。

「なぜ、これほど北の動きに振り回されるのか。ホント、嫌になります。7日は、南北首脳会談の合意で、米朝の軍事衝突が弱まったという見方が主流となり、いわゆる戦争銘柄が軒並み急落しました」(市場関係者)

 自衛隊に機雷や地雷を納入している石川製作所(東証1部)はストップ安となる前日比500円安(マイナス16.9%)の2464円まで売り込まれた。小銃を扱う豊和工業(東証1部)は302円安(マイナス19.4%)、照明弾の細谷火工(ジャスダック)は233円安(マイナス16.5%)と、下落率が2ケタを超えた。その動きにつられ、日経平均も前日比165円安の2万1252円で引けた。

「金正恩委員長が何かをするたびに、地政学リスクが意識され、東証株価は激しく動きます。有事銘柄の代表格である石川製作所はその代表格で、ここ1年、急騰と急落の繰り返しです。こうなると、もはや“金正恩関連銘柄”でしょう」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る