北が株式市場を翻弄 アベノミクス揺さぶる“金正恩関連株”

公開日: 更新日:

 兜町が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に翻弄されている。

「なぜ、これほど北の動きに振り回されるのか。ホント、嫌になります。7日は、南北首脳会談の合意で、米朝の軍事衝突が弱まったという見方が主流となり、いわゆる戦争銘柄が軒並み急落しました」(市場関係者)

 自衛隊に機雷や地雷を納入している石川製作所(東証1部)はストップ安となる前日比500円安(マイナス16.9%)の2464円まで売り込まれた。小銃を扱う豊和工業(東証1部)は302円安(マイナス19.4%)、照明弾の細谷火工(ジャスダック)は233円安(マイナス16.5%)と、下落率が2ケタを超えた。その動きにつられ、日経平均も前日比165円安の2万1252円で引けた。

「金正恩委員長が何かをするたびに、地政学リスクが意識され、東証株価は激しく動きます。有事銘柄の代表格である石川製作所はその代表格で、ここ1年、急騰と急落の繰り返しです。こうなると、もはや“金正恩関連銘柄”でしょう」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る