SE残酷物語…裁量労働&高プロより先にすべきは制度改正

公開日: 更新日:

「80年代のSEは技術者も少なく、専門性の高い仕事だったと言ってもよいでしょう。内容も進め方も、システム開発を受けた技術者に委ねられていたようです。ところが、現在のシステム開発は分業化され、下請けが受けるケースが多い。開発全体の統括者は裁量はあるでしょうが、個々のSEは与えられた仕事を納期通りにこなしていくわけです。命じられた仕事の締め切りが2、3日後なんて事例がざらにあり、そんな状況では裁量などありませんよ」

 IT未開の80年代の制度がそのまま温存され、その結果、裁量がないSEの裁量労働制は今や企業の人件費削減のツールとなっている。

「SEのように、かつては裁量労働にふさわしかったといえたとしても、今はそうでなくなっている業務は対象から削除すべきです。政治がやるべきは、まずは時代の変化に合わせて、問題のある現状にメスを入れること。その上で、仮に新たに対象に加えるに本当にふさわしい業務があるのであれば、乱用防止の対策を十分に講じた上で、加えるのが順序でしょう。先に行うべきなのは、規制緩和でなく規制強化です」(塩見卓也弁護士)

 安倍政権が執着している「高度プロフェッショナル制度」も「専門性」を強調するが、SEの実態をみれば、報酬を搾り取られる残酷な職種をただ増やすだけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  2. 2

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  3. 3

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

  4. 4

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  5. 5

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  6. 6

    吉岡里帆“どんぎつね”はバズるのに主演作が続々苦戦のワケ

  7. 7

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  8. 8

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  9. 9

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  10. 10

    五輪開催「力強い支持」のマヤカシ G7首脳は塩対応だった

もっと見る