厚労相「単純営業は不適用」のウソ 裁量労働制拡大の末路

公開日: 更新日:

 安倍政権が強行する「働き方法案」から削除され、今国会での成立が消えた裁量労働制の拡大。もしデータ捏造(ねつぞう)の発覚がなかったら――と考えるとゾッとする。というのも、拡大されれば、裁量労働制が働き方の“標準”になること必至だからだ。

 加藤勝信厚労相は、適用には「労働者の同意が必要」と強調し、野党は「会社の要請を断れない」と反論しているが、そんなに生ぬるいものじゃない。

 2008年のリーマン・ショック前の過熱景気時に会社を辞めたものの、リーマン後の大不況下での転職活動を余儀なくされた男性(40代)が言う。

「妻の年収は100万円。家のローンもあった。なかなか決まらず、夫婦ともピリピリ。どこでもいいから拾ってくれという感じだった。もし裁量労働制という条件がつけられていたら――就職できるなら、のむに決まっていますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る