厚労相「単純営業は不適用」のウソ 裁量労働制拡大の末路

公開日: 更新日:

 安倍政権が強行する「働き方法案」から削除され、今国会での成立が消えた裁量労働制の拡大。もしデータ捏造(ねつぞう)の発覚がなかったら――と考えるとゾッとする。というのも、拡大されれば、裁量労働制が働き方の“標準”になること必至だからだ。

 加藤勝信厚労相は、適用には「労働者の同意が必要」と強調し、野党は「会社の要請を断れない」と反論しているが、そんなに生ぬるいものじゃない。

 2008年のリーマン・ショック前の過熱景気時に会社を辞めたものの、リーマン後の大不況下での転職活動を余儀なくされた男性(40代)が言う。

「妻の年収は100万円。家のローンもあった。なかなか決まらず、夫婦ともピリピリ。どこでもいいから拾ってくれという感じだった。もし裁量労働制という条件がつけられていたら――就職できるなら、のむに決まっていますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  7. 7

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  8. 8

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  9. 9

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  10. 10

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

もっと見る