溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

NHK「プロフェッショナル」 銀座ママ特集に抱いた違和感

公開日: 更新日:

 NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で「銀座高級クラブのママ」をやっていた。再放送されたから、ご覧になった方も多いだろう。見ていて、なんとも据わりの悪い違和感を感じた。ベテランの黒服に聞いても、同じような感想だった。

 番組は銀座のクラブの実情を見ず、高級イメージ路線に沿うようすべてをきれいごとで済ましている。少し貧乏話は交じるが、構成は旧態依然とした先入観で成り立っている。

 知り合いのマスターが言う。

「番組はまず料金の仕組みから説明すべきだ。じゃないと視聴者には話が見えてこない。

 店の大半は女性を雇用しているわけじゃなく、単に在籍させている。お客が払った料金は、店と、そのお客を担当している女性とがおおよそ半々ずつ取る。つまり女性は被雇用者ではなく、単にその店を稼ぎ場にしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  4. 4

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  5. 5

    小池知事が急に元気に…「五輪からコロナに移る希望の党」

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    急ピッチで進む検察捜査 ターゲットは河井克行前法務大臣

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

もっと見る