銀座の老舗グランドキャバレー「白いばら」閉店のナゼ

公開日:

 銀座で飲む機会が多いオジサン族なら「白いばら」をご存じだろう。1931(昭和6)年から続く老舗のグランドキャバレー。店の外壁に大型の日本地図を飾り、各都道府県出身のホステスの名を掲示していることで有名だ。店内の女性は胸のネームプレートに出身地と趣味を明記し、客は同郷のホステスと歓談できることが好評だった。

 その白いばらが閉店するということで話題になっている。本当なのか。

「事実です。来年1月10日の営業でお店を閉めます。理由は昭和20年代に造られた建物が老朽化したことです」とは広報担当者。

「当店のピークはバブルの前の高度経済成長期でした。今も経営は順調で、一番にぎわう12月は1日に300人のお客さまが来店します。現在、ホステスは220人が在籍し、うち100人が出勤。お客さまから“何でやめるの?”と聞かれますが、理由は老朽化としか言いようがありません。リニューアルではなく、完全閉店です。女性を含めて従業員が今後どうするのかは分かりません」

 女性220人のうち7割以上が20代と30代。客単価は2時間で1万5000円だ。閉店まで派手なイベントはせず、通常の営業を続けるそうだが、銀座の名店が消えるとは寂しいかぎりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る