銀座の老舗グランドキャバレー「白いばら」閉店のナゼ

公開日: 更新日:

 銀座で飲む機会が多いオジサン族なら「白いばら」をご存じだろう。1931(昭和6)年から続く老舗のグランドキャバレー。店の外壁に大型の日本地図を飾り、各都道府県出身のホステスの名を掲示していることで有名だ。店内の女性は胸のネームプレートに出身地と趣味を明記し、客は同郷のホステスと歓談できることが好評だった。

 その白いばらが閉店するということで話題になっている。本当なのか。

「事実です。来年1月10日の営業でお店を閉めます。理由は昭和20年代に造られた建物が老朽化したことです」とは広報担当者。

「当店のピークはバブルの前の高度経済成長期でした。今も経営は順調で、一番にぎわう12月は1日に300人のお客さまが来店します。現在、ホステスは220人が在籍し、うち100人が出勤。お客さまから“何でやめるの?”と聞かれますが、理由は老朽化としか言いようがありません。リニューアルではなく、完全閉店です。女性を含めて従業員が今後どうするのかは分かりません」

 女性220人のうち7割以上が20代と30代。客単価は2時間で1万5000円だ。閉店まで派手なイベントはせず、通常の営業を続けるそうだが、銀座の名店が消えるとは寂しいかぎりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る