「社内交際」宣言で3万円 人材獲得に励むユニーク企業制度

公開日:

 空前の売り手市場が続く中、“初任給30万円オーバー”が当たり前になってきた。場合によっては、入社1年目の息子・娘にお父さんの給料が逆転される可能性もある。

 日経新聞が報じた2019年春採用の初任給トップは、コンサルティング大手の「PwCジャパン」の35万円。「楽天」「明和地所」「ミクシィ」なども30万円の大台を超えた。「労務行政研究所」の東証1部上場228社の昨年調査でも、約4割の企業が初任給を引き上げたと回答し、その平均は21万868円だった。

 もちろん、会社の良し悪しは初任給ばかりでは推し測れないが、人手不足がより深刻なIT業界は、さらなる好待遇で学生を呼び込んでいる。

 PwCジャパンと同じ初任給35万円を掲げたのが、WEB事業や海外医療事業を行う「DYM」(従業員456人)だ。同社はただ単に給料が高いだけでなく、各種手当や福利厚生面でもかなりユニーク。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る