「社内交際」宣言で3万円 人材獲得に励むユニーク企業制度

公開日: 更新日:

 空前の売り手市場が続く中、“初任給30万円オーバー”が当たり前になってきた。場合によっては、入社1年目の息子・娘にお父さんの給料が逆転される可能性もある。

 日経新聞が報じた2019年春採用の初任給トップは、コンサルティング大手の「PwCジャパン」の35万円。「楽天」「明和地所」「ミクシィ」なども30万円の大台を超えた。「労務行政研究所」の東証1部上場228社の昨年調査でも、約4割の企業が初任給を引き上げたと回答し、その平均は21万868円だった。

 もちろん、会社の良し悪しは初任給ばかりでは推し測れないが、人手不足がより深刻なIT業界は、さらなる好待遇で学生を呼び込んでいる。

 PwCジャパンと同じ初任給35万円を掲げたのが、WEB事業や海外医療事業を行う「DYM」(従業員456人)だ。同社はただ単に給料が高いだけでなく、各種手当や福利厚生面でもかなりユニーク。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る