3年で約3倍に 伊藤忠「中国語人材1000人育成」の狙い

公開日: 更新日:

 中国事業で総合商社のトップを走る伊藤忠商事が、中国語を話せる社員を約1000人育成した。同社が「中国語人材1000人育成プロジェクト」をスタートさせたのは2015年のこと。当時の中国語人材361人から3倍近い人材の育成だ。

 15年1月、伊藤忠は中国で最大の外資系企業、タイのチャロン・ポカパン(CP)と共同で中国最大の国有複合企業・中国中信集団(CITIC)に1.2兆円を投資し、業務・資本提携を結んだ。QUICK企業価値研究所・調査部の堀内敏成チーフストラテジストが言う。

「三菱商事は原料炭、三井物産は鉄鉱石と資源が得意ですが、伊藤忠は非資源の生活分野である『衣食住』を成長のポテンシャルにしている。CPは華僑ですから、提携で中国本土でのビジネスと、華僑ネットワークを利用したビジネス展開で中国事業を拡大する狙いです。同社の丹羽宇一郎元会長・社長が中国大使だったことも、中国ビジネスの拡大に大きく影響しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る