3年で約3倍に 伊藤忠「中国語人材1000人育成」の狙い

公開日: 更新日:

 中国事業で総合商社のトップを走る伊藤忠商事が、中国語を話せる社員を約1000人育成した。同社が「中国語人材1000人育成プロジェクト」をスタートさせたのは2015年のこと。当時の中国語人材361人から3倍近い人材の育成だ。

 15年1月、伊藤忠は中国で最大の外資系企業、タイのチャロン・ポカパン(CP)と共同で中国最大の国有複合企業・中国中信集団(CITIC)に1.2兆円を投資し、業務・資本提携を結んだ。QUICK企業価値研究所・調査部の堀内敏成チーフストラテジストが言う。

「三菱商事は原料炭、三井物産は鉄鉱石と資源が得意ですが、伊藤忠は非資源の生活分野である『衣食住』を成長のポテンシャルにしている。CPは華僑ですから、提携で中国本土でのビジネスと、華僑ネットワークを利用したビジネス展開で中国事業を拡大する狙いです。同社の丹羽宇一郎元会長・社長が中国大使だったことも、中国ビジネスの拡大に大きく影響しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る