• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャーナリストの恵谷治氏が死去 世界の紛争地帯を取材

 ジャーナリストの恵谷治氏が20日に死去していたことが分かった。死因はすい臓がん。69歳だった。

 通夜は26日午後6時、葬儀・告別式は27日午前9時半、東京都渋谷区西原2―42―1、代々幡斎場で行われる。喪主は妻の真保さん。

 1949年東京生まれ、広島・尾道育ち、早稲田大学法学部卒。同大探検部在籍当時から世界の紛争地帯などを現地調査、取材した。民族紛争、軍事情報に精通し、特に北朝鮮問題に関する分析は海外のメディアからも注目を集め、著作も多数ある。雑誌・新聞にも活発に寄稿を行い、テレビのコメンテーターとしても活動した。

 月刊「正論」6月号で、米朝緊迫の中で準備されている米軍の対北朝鮮軍事作戦計画に関する記事を発表したばかりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る