「参院選の顔」重視 安倍3選のカギ握る竹下派と公明の本音

公開日: 更新日:

 安倍首相の自民党総裁3選にますます赤信号がともってきた。ポイントはズバリ、「参院選の顔が安倍首相でいいのか」である。

 先週末、自民党の竹下亘総務会長が9月の総裁選に関し、「首相は選挙に負けたら終わり。首相の責任は重い」と発言。来夏の参院選で勝てる人かどうかを基準にする考えを明らかにした。そのうえで安倍首相について、内閣支持率が30%台に低下していると指摘し、「ちょっと待てという空気があるのは事実だ」と、厳しい見方を示したのだ。

 竹下氏が派閥会長を務める竹下派は、首相派閥の細田派、麻生派に次ぐ党内第3勢力。総裁選への態度をギリギリまではっきりさせず、派閥の存在感を高めるため、キャスチングボートを握る作戦とみられている。今回の発言も“観測気球”のたぐいだろうが、モリカケ疑惑が底ナシで世論の信用をどんどん失う安倍首相に、「参院選の顔」はキツイ条件だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

もっと見る