• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

6・12米朝会談で狙う関連銘柄 決裂でも融和でも妙味あり

 融和か、決裂か――。12日に開催が迫った史上初の米朝首脳会談。楽観的な見方の一方で、決裂の可能性も否定しがたい。どっちに転ぶかで、値上がりする関連銘柄も違ってくる。

 決裂なら、株式市場も一気に緊張が高まる。

「全般的に株価は下がるでしょうが、防衛関連は上がるでしょう。トランプ大統領が米朝会談の中止を発表した際も、急騰しています」(経済ジャーナリスト・井上学氏)

 照明弾や発煙筒の細谷火工、機雷や弾薬の石川製作所、防毒マスクの重松製作所と興研、小銃の豊和工業、船舶に搭載する情報表示装置の日本アビオニクスのほか、Jアラートの受信機などを扱う理経にも注目だ。

 会談が決裂せず、朝鮮戦争終結や次の会談などの話に進展すれば、幅広い分野の関連株が反応しそうだ。まずは、インフラ関係。電力設備の日本工営は戦前、朝鮮半島で電源開発工事を行っていた。太平電業は中国や韓国の発電所工事の実績がある。古河電工は北の国境に近い中国・瀋陽に電力ケーブルの工場を持つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  4. 4

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  7. 7

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  8. 8

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  9. 9

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る