6・12米朝会談で狙う関連銘柄 決裂でも融和でも妙味あり

公開日: 更新日:

 融和か、決裂か――。12日に開催が迫った史上初の米朝首脳会談。楽観的な見方の一方で、決裂の可能性も否定しがたい。どっちに転ぶかで、値上がりする関連銘柄も違ってくる。

 決裂なら、株式市場も一気に緊張が高まる。

「全般的に株価は下がるでしょうが、防衛関連は上がるでしょう。トランプ大統領が米朝会談の中止を発表した際も、急騰しています」(経済ジャーナリスト・井上学氏)

 照明弾や発煙筒の細谷火工、機雷や弾薬の石川製作所、防毒マスクの重松製作所と興研、小銃の豊和工業、船舶に搭載する情報表示装置の日本アビオニクスのほか、Jアラートの受信機などを扱う理経にも注目だ。

 会談が決裂せず、朝鮮戦争終結や次の会談などの話に進展すれば、幅広い分野の関連株が反応しそうだ。まずは、インフラ関係。電力設備の日本工営は戦前、朝鮮半島で電源開発工事を行っていた。太平電業は中国や韓国の発電所工事の実績がある。古河電工は北の国境に近い中国・瀋陽に電力ケーブルの工場を持つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る