「太陽誘電」新製品投入で業績UP確実 騰勢一服の今が好機

公開日:  更新日:

 今月下旬から3月期企業の第1四半期(4~6月)決算発表が本格化し、決算シーズンを迎える。市場の関心は、株価が低迷している半導体関連、機械、電機の主要企業の4~6月期実績、中間・通期予想の見通し。市場予想を上回る強気見通しが相次げば、株価反転のきっかけ材料になるだろう。

 半面、期待外れの内容になれば、調整が長引く可能性が高い。市場は“決算待ち”ムードに包まれ、商いを伴って上昇するサマーラリーは期待できそうもない状況。

 今回はあえて電子機器に不可欠な積層セラミックコンデンサー(MLCC)を手掛ける太陽誘電(6976、100株)を取り上げる。MLCCの需要拡大を背景に、株価は3月26日の安値(1660円)から7月2日の高値(3380円)まで約2倍と快走した。その反動で騰勢は一服しているが、4000円にトライする右肩上がり相場を予想している。今が投資のチャンス。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る