塩水港製糖・久野修慈会長<4>「植木鉢」にまつわる知恵

公開日:

 スカウトされる形で大都魚類から親会社の大洋漁業に移った久野氏。最初に配属されたのは、子会社の財務状況を調べ、立て直す部署だった。

「当時の大洋漁業は隆盛の真っただ中で、全国各地に子会社を約170社ほど持っていた。魚をとったり売るだけでなく、海運や造船、真珠の養殖、ミンクを扱う会社まで立ち上げていた。業界を問わず手当たり次第に参入して、かなり経営が怪しくなっている子会社がたくさんあったんです」

 上司は早稲田大卒で戦時中はゼロ戦に乗っていた人物だった。

「のちに創業家とぶつかって、大洋漁業を去ることになるんですが、この上司からはいろいろなことを学んだ。部下に任せた仕事には口を出さず、もしそれが失敗したら自身が責任をかぶるような気骨のある人でした」

 久野氏はその後、再建請負人として名を知られるようになるが、きっかけとなったのはこの時代に手がけた案件だった。船舶エンジンを製造する神戸発動機(現ジャパンエンジンコーポレーション)の再建に乗り出した一件である。上司は当時27歳の久野氏にすべてを任せた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  5. 5

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る