小池知事は安全宣言も…記者は見た“豊洲地下に謎の水染み”

公開日:

 小池都知事が豊洲市場の汚染問題について「安全・安心宣言」をした前日(7月30日)、東京都は追加対策工事を終えた豊洲市場の地下ピット(水産卸売場棟)の一部をメディアに公開した。

 日刊ゲンダイ本紙も参加したが、床の一部に水が染み込んだような跡が(写真1)。近づいて上からのぞくと、コンクリートの目地から漏れ出した水染みのように見えた(写真2)。水染みの上には配管など存在せず、天井があるのみ。結露した配管の水滴とは考えにくい。

 豊洲の地下水の一部では直近の調査でも基準値の100倍超のベンゼンの検出が続く。地下水管理システムを強化し、揚水力を上げても、今なお地下水位は3分の1の観測地点で目標水位を上回っている。

 都の専門家会議の平田健正座長(放送大和歌山学習センター所長)はこの日の会見で、地下水層の上に厚さ50センチの再生砕石を敷き詰めていることを根拠に「床面コンクリートまで地下水が毛管上昇することはない」と評価したが、実際には床に水が染み出しているではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  7. 7

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  8. 8

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  9. 9

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  10. 10

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

もっと見る