小池知事は安全宣言も…記者は見た“豊洲地下に謎の水染み”

公開日:

 小池都知事が豊洲市場の汚染問題について「安全・安心宣言」をした前日(7月30日)、東京都は追加対策工事を終えた豊洲市場の地下ピット(水産卸売場棟)の一部をメディアに公開した。

 日刊ゲンダイ本紙も参加したが、床の一部に水が染み込んだような跡が(写真1)。近づいて上からのぞくと、コンクリートの目地から漏れ出した水染みのように見えた(写真2)。水染みの上には配管など存在せず、天井があるのみ。結露した配管の水滴とは考えにくい。

 豊洲の地下水の一部では直近の調査でも基準値の100倍超のベンゼンの検出が続く。地下水管理システムを強化し、揚水力を上げても、今なお地下水位は3分の1の観測地点で目標水位を上回っている。

 都の専門家会議の平田健正座長(放送大和歌山学習センター所長)はこの日の会見で、地下水層の上に厚さ50センチの再生砕石を敷き詰めていることを根拠に「床面コンクリートまで地下水が毛管上昇することはない」と評価したが、実際には床に水が染み出しているではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る