溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

公開日: 更新日:

 ヤクザ世界は8月が夏休みだが、ここに来てにわかに、分裂した山口組3派の再統合話が飛び交い始めた。私のところにも、まず15日、弘道会にパイプを通じる東京の事業家から一報が入った。

「きのう、任侠山口組が6代目山口組と合併する話がまとまった。織田絆誠代表が率いる任侠山口組全体が戻る。任侠には6代目山口組から処分された者などもいるが、それらはそのまま黙認され、なんら変更なし。現状のままで6代目山口組に戻る。よって任侠山口組は6代目山口組の中で最多の組員を擁する直系組になる。20日からの週に正式発表される」

 週刊誌編集部も警察の情報係も今や必死に情報集めに走っている。警察情報では「20日に6代目山口組の執行部会が開かれ、21日、大安の日に正式決定」と唱える向きさえある。

 だが、種々調べたところ、こうした情報はどれも先走り気味のようだ。6代目と任侠の間で合併する話は6月から始まっていたが、「両者の間でまだ結論は出ていない」が正確らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る