• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

 ヤクザ世界は8月が夏休みだが、ここに来てにわかに、分裂した山口組3派の再統合話が飛び交い始めた。私のところにも、まず15日、弘道会にパイプを通じる東京の事業家から一報が入った。

「きのう、任侠山口組が6代目山口組と合併する話がまとまった。織田絆誠代表が率いる任侠山口組全体が戻る。任侠には6代目山口組から処分された者などもいるが、それらはそのまま黙認され、なんら変更なし。現状のままで6代目山口組に戻る。よって任侠山口組は6代目山口組の中で最多の組員を擁する直系組になる。20日からの週に正式発表される」

 週刊誌編集部も警察の情報係も今や必死に情報集めに走っている。警察情報では「20日に6代目山口組の執行部会が開かれ、21日、大安の日に正式決定」と唱える向きさえある。

 だが、種々調べたところ、こうした情報はどれも先走り気味のようだ。6代目と任侠の間で合併する話は6月から始まっていたが、「両者の間でまだ結論は出ていない」が正確らしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る