溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

貸しをつくっておけばいずれ…“儲かる銘柄”だった細野豪志

公開日: 更新日:

 政治家は儲かる商売か。政治資金規正法や各種法令、ルールをまじめに守るタイプでは儲かるまい。カネにすぐ手を出して貪欲、利益誘導に弱く、利権を握れるポストに居座るような人間でないと、まずカネは残せまい。

 よって共産党や社民党の代議士、政治家はカネに縁がない。では、元希望の党憲法調査会長・細野豪志衆院議員はどうか。細野氏はカネを掴みそうだ。原則なしの融通無碍。彼に貸しをつくっておけば、いずれ2倍、3倍にして返してくれそうではないか。

 たとえ返さなくても、利権や物件、ポストなどを世話してくれ、十分元は取れそうと、ソーシャルレンディング(SL)会社「maneoマーケット」は考えたはずだ。

 簡単にいえば、細野氏は儲かりそうな優良投資物件だった。担保や抵当、借用書を取らなくても、返済計画や利率、返済期間などを決めなくとも、戻りはバッチリ。儲かりそうと期待できるから、去年10月、細野氏に5000万円を提供したのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  3. 3

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  4. 4

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    小池知事が急に元気に…「五輪からコロナに移る希望の党」

  8. 8

    急ピッチで進む検察捜査 ターゲットは河井克行前法務大臣

  9. 9

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  10. 10

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

もっと見る