• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フュービック 黒川将大社長<3>ストレッチの絶大なる効果

 ブームに先駆け、店頭に人だかりができるほど人気を集めたスノーボードショップ。しかし、出店の翌年あたりから有名スポーツ店が追随し始めると、たちまち売れ行きが落ち込んでしまったという。

「すぐ手を引けばよかったんですが、人間って成功体験を忘れられないんですね。まだチャンスはあるのではないかと3年続けたら大失敗。借金が7000万円に膨らんでしまったんです」

 ショップを閉めた黒川氏は借金を返済するため、日中は自動車販売業、夜中には店舗の清掃業に打ち込んだ。

「実は創業の翌年に清掃事業を立ち上げていたんです。車販売の次は僕のアイデアを商品化して売るような店を出したいと思っていました。でも僕には店舗経営の経験がない。そこで僕が初めて会った起業家の松田芳久さんに、チェーン展開していたレンタルビデオ店の清掃を担当させてほしいと頼んだんです。学生時代に清掃のバイトをしていてノウハウがあったので、清掃しながら店舗のつくりを学んだんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

もっと見る