内幕本で支持率低下 トランプが中国に貿易協議再開を打診

公開日: 更新日:

 米中貿易戦争に新展開か。米国の複数のメディアは12日(米東部時間)、トランプ政権が中国との貿易摩擦緩和に向けた閣僚協議の再開を打診したと報じた。ムニューシン米財務長官と中国の劉鶴副首相がワシントンか北京で数週間中に会談する可能性があるという。

 トランプ政権は知的財産権の侵害を理由に中国からの年2000億ドル(約22兆円)相当の輸入品に第3弾の追加関税を課すことを検討しているが、発動前に協議を検討しているようだ。実現すれば閣僚級の米中貿易協議は6月初旬以来。8月下旬に次官級協議を開いたが、目立った進展は見られなかった。

 すでにトランプ政権は計500億ドル相当の輸入品に25%の追加関税を課し、輸入品全てに課す可能性も示唆。中国が協議に応じた場合、大幅な譲歩を迫るとみられている。

 トランプ大統領の方針転換には、著名ジャーナリストのボブ・ウッドワード氏が発売した内幕本「恐怖 ホワイトハウスのトランプ」による打撃を食い止め、成果をアピールする思惑も見え隠れする。トランプ大統領の支持率は各種調査で軒並み下落。CNNでは42%から36%に大幅に落ち込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る