“平成の2大愚策” 難題放置の豊洲移転と3兆円東京五輪

公開日: 更新日:
上から、2年の延期でも豊洲市場の欠陥はそのまま、マグロ初競り、築地市場では11日も騒動(C)日刊ゲンダイ

 問題山積、トラブル噴出の豊洲市場が11日、開場した。2016年8月に小池都知事が築地市場から豊洲移転の延期を表明し、今年7月に「安全・安心宣言」を出すまで2年あまりの時間があったが、混乱に拍車を掛けるばかりで、豊洲を巡る騒動はいまだ収束していない。問題もトラブルも棚上げしたまま…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  6. 6

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  7. 7

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  8. 8

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  9. 9

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  10. 10

    カズ長男が俳優デビュー 三浦獠太が父より憧れたヒーロー

もっと見る