貝印・遠藤宏治社長<3>失敗教訓に世界初3枚刃カミソリ開発

公開日:

 カミソリや包丁などで知られる「貝印」は、創業110年の老舗企業。遠藤宏治は創業家の3代目社長だ。社長に就いたのは1989年、33歳の時。2代目の父親が他界したのを受けての登板だった。

「親父は糖尿病も患い、最終的には肝臓がんで亡くなりました。5年おきぐらいに病気をしていて、入院中の親父に報告に行って、指示を受けながら仕事をするということもありました。そういう意味では、ある程度、社長としての助走期間を経験していたのだと思います」

 恐らく、30歳前後には次期社長としての強い自覚があったのだろう。だが、役員を見渡すと、みな40歳以上の年長者ばかり。2代目がカリスマだったこともあり、社内には、どこか33歳の若者を軽んじる空気もあったようだ。

「まず、役員たちの頭を切り替えてもらおうと思いました。父親のネクタイを形見代わりに一人一人に手渡し、『きょうから、私のことを“宏治君”と呼ぶのはやめてくれ』と幹部会の席で伝えました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る