近藤大介
著者のコラム一覧
近藤大介「週刊現代」編集次長

東大卒、国際情報学修士。講談社で中国を中心に取材を続け、現在「週刊現代」編集次長。明大講師も務める。新著に「未来の中国年表」。著書多数。

米中貿易戦争 先行き不安吹き飛ばした「独身の日」爆買い

公開日:

 1972年にニクソン米大統領が訪中した時のこと。相対した毛沢東国家主席にこうスゴんだ。「私が核のボタンを押せば、一斉にミサイルが中国に降り注ぎ、崩壊に至るだろう」

 すると毛主席が反論した。

「核ミサイルが着弾する前に、私が合図して6億人の中国人民に一斉にジャンプさせ、地球の反対側のアメリカに大地震を起こしてやる!」

 こんな古いジョークを思い起こさせるような「大激震」が11日に中国で起こった。「双十一」(シュアンシーイー=ふたつの11の意)と呼ばれるアリババグループが仕掛けた11月11日のネット通販セールである。

 2009年のこの日、馬雲(ジャック・マー)会長率いるアリババが、「寂しいおひとりさまを慰める」という名目で始めたこの24時間限定セール。初年度の取扱高はわずか27商品、取引額は5200万元(約8.5億円)にすぎなかった。それが年々急上昇し、昨年の取引額は1682億元(約2兆7600億円)に達したのだった。これは、楽天の昨年実績の8割を超える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る