参院選は安倍自民の惨敗確定的 それでも居座る“厚顔”政権

公開日: 更新日:

 19年は選挙イヤーだ。4年に1度の統一地方選と3年おきの参院選が重なる亥年の国政選挙は、与党が負けるというジンクスもある。実際、安倍は辛酸をなめた。第1次安倍政権の07年、参院選で歴史的惨敗を喫したのだ。しれっと続投を表明するも、惨敗から1カ月半後に政権を投げ出すきっかけになった。

 さて、19年の亥年選挙はどういう結末をもたらすか。

「18年末の世論調査では軒並み内閣支持率が下落しました。この1年間で何ひとつ成果がないのだから、当然です。頼みの北方領土問題も拉致問題も展望がありません。こうなると、参院選も厳しい。安倍自民が負けることは確定的で、“どれだけ負けるか”の選挙になります。参院で3分の2議席を維持することは難しく、単独過半数を割り込む可能性もある。さすがに過半数割れなら、退陣の2文字もチラついてくるのではないか。安倍首相は負けても居座る気でしょうが、首相周辺は、12年前の悪夢の再来を恐れています」(政治評論家・野上忠興氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  4. 4

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  5. 5

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  6. 6

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  9. 9

    元テレ朝・竹内由恵アナもう復帰…大物フリーアナ戦々恐々

  10. 10

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る