20年前より交通量減でも「第二東京湾岸」計画再始動の裏側

公開日: 更新日:

 18年間も凍結されていた東京と千葉を結ぶ第二東京湾岸道路の建設計画が再び動きだしている。

 1月17日、森田健作千葉県知事は石井啓一国交相に会い「第二東京湾岸道路を軸とした道路ネットワークは渋滞解消につながる。人と物の流れがスムーズになる」と建設計画の具体化を要望。石井大臣も「第二湾岸を中心とした湾岸地区道路の検討会を設置して検討を加速したい」と前向きな答えを返した。

 第二湾岸道路は首都高速湾岸線のさらに東京湾側に計画された首都圏の環状高速道路。沼田武千葉県知事時代に計画が持ち上がり、1994年に国土省が地域高規格道路の候補路線に指定した。

 ところが、第二湾岸道路のルートは、東京湾奥部の市川市、船橋市の沖合に広がる干潟の三番瀬を埋め立て、そのど真ん中を通る計画だった。三番瀬は魚類や渡り鳥の貴重な生息地として、環境省が「日本の重要湿地500」のひとつに指定した地域。そのため全国から埋め立てに反対する運動が起き、2001年春の県知事選で三番瀬の埋め立て白紙撤回を公約にした堂本暁子候補の当選で埋め立て計画は中止され、第二湾岸道路の建設計画は事実上凍結状態になっていた。それが今なぜ再浮上してきたのか。丸山慎一千葉県議(共産)がその背景を説明する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る